健康と美容に良い果実

|ハーフハイハイブッシュブルーベリーの品種ノースカントリー(Northcountry)の特徴を紹介します。

ブルーベリーは恵みの果実

ノースカントリー(Northcountry)[ハーフハイハイブッシュブルーベリー]

【ノースカントリー(Northcountry)】

ミネソタ大学による育成で、1986年に発表。
「系統番号B6(G65×アッシュワース)」と「R2P4(Vaccinium corymbosum:ノーザンハイブッシュ)と(V.angustifolium:ローブッシュ)との自然交雑実生」との交配種。
日本への導入は、1986年から。


・樹の特徴

樹勢は中位。樹高は低く0.45〜0.6m。樹冠幅は1mくらい。しかし、土壌の種類によってはさらに樹形が大きくなる。果実生産性は低く、収量は1樹当り1.0〜2.5kgくらい。
成熟期はノースブルーよりも1週間くらい早い、早生。葉は小型で、暗緑色。
秋季には深紅色に紅葉して美しい。ブルーベリー品種の中では観賞用に向く。


・果実の特徴

果実の大きさは中粒で、平均重量0.8g。果皮は明青色。果柄痕は小さい。
果肉はやや軟らかい。甘味があり、風味はローブッシュに似ている。


・栽培上の特徴

耐寒性が非常に強い。自家結実性は良いが、他家受粉で結実率が高まる。


[スポンサードリンク]

  • ハーフハイハイブッシュブルーベリーの品種
  • アメリカで育成された品種
    ・セント・クラウド・チッペワ・トップハット・ノースカントリー・ノーススカイ
    ・ノースブルー・ノースランド・フレンドシップ・ポラリス・リトルジャイアント

    [スポンサードリンク]