健康と美容に良い果実

|サザンハイブッシュブルーベリーの品種オザークブルー(Ozarkblue)の特徴を紹介します。

ブルーベリーは恵みの果実

オザークブルー(Ozarkblue)[サザンハイブッシュブルーベリー]

【オザークブルー(Ozarkblue)】

アーカンソー州立大学による育成で、1987年に発表。アメリカのパテント品種。
「系統番号G-144」と「FL64-76」との交配種。およそ81%がハイブッシュ、13%がダローアイ、6%がラビットアイの遺伝子をもつ。日本への導入は、1998年から。


・樹の特徴

樹姿は半直立性。樹勢は中位。果実生産性は安定して高い。
低温要求時間はおよそ800〜1000時間。成熟期はアーカンソー州ではノーザンハイブッシュのブルークロップ(中生)のおよそ10日後。


・果実の特徴

果実の大きさは大粒。果皮は明青色。果柄痕の状態は優れる。
果肉の硬さは素晴らしい。風味は優れる。


・栽培上の特徴

耐寒性が強い。耐霜性も強い。ノーザンハイブッシュの育成地域でも栽培可能。


[スポンサードリンク]

  • サザンハイブッシュブルーベリーの品種
  • 日本で育成された品種
    ・ヒトミ
    アメリカで育成された品種
    ・エイボンブルー・オザークブルー・オニール・ガルフコースト・クーパー
    ・ケープフェアー・サウスムーン・サファイア・サミット・サンタフェ
    ・シャープブルー・ジュウェル・ジョージアジェム・スター・ダップリン
    ・パールリバー・ブラッデン・ブルークリスプ・ブルーリッジ・フローダブルー
    ・マグノリア・ミスティー・リベイル

    [スポンサードリンク]