健康と美容に良い果実

|ブルーベリーは200種を超える品種が存在し、それぞれ枝葉の生え方や幹に違いがあり、果実の味も違います。

ブルーベリーは恵みの果実

ブルーベリーについて


sponsored link

ブルーベリー(Blueberry)とはツツジ科スノキ属に分類される落葉低木です。


名前の通り青い(Blue)小さな果実(Berry)をつけます。


ブルーベリーの仲間は北半球の広い地域に自生しています。


野生種には地表に茂るような樹高15〜40cmほどのローブッシュタイプと樹高1〜2mの低木のハイブッシュタイプがあります。


ブルーベリーはアメリカで品種改良が進み、今ではアメリカ原産のベリーの代表種となりました。


ブルーベリーは20世紀になってから、アメリカ、カナダ原産の種類から品種改良が始められました。


今では大きくて甘い果実が取れるように野生種が栽培用に品種改良されて、果樹としての栽培種が多数作り出され、世界の温帯圏で広く栽培されています。


栽培用のブルーベリーは大きく分けると3つの系統があり、それぞれ「ラビットアイ系」「北部(ノーザン)ハイブリット系」「南部(サザン)ハイブリット系」です。


日本では、りんごの栽培地域でノーザンハイブッシュ、みかんの栽培地域ではラビットアイが栽培に適しており、全国で栽培することが可能です。


ブルーベリーの旬は6月から8月にかけてです。


ポリフェノールの一種アントシアニンが豊富に含まれており、目の血流を改善し目の動きをサポートする効果があり、眼精疲労回復に効果があります。


また、抗酸化作用にも優れ、美肌効果や心臓病、糖尿病、ガンの改善、冷え性の予防に効果があります。


ブルーベリーはビタミンAやビタミンC、亜鉛とマンガンも豊富に含まれ、食物繊維も多く、動脈硬化の予防や便秘の解消にも効果があります。


[スポンサードリンク]