健康と美容に良い果実

|落葉果樹なので、根の生育が止まる時期・10〜12月の秋or3〜4月の春にブルーベリーの植え付けは行いましょう。

ブルーベリーは恵みの果実

ブルーベリーの鉢植え


sponsored link

ブルーベリーは落葉果樹なので、根の生育が止まってる休眠期に植え付けを行うのが基本です。


秋植えと春植えがあり、冬季が比較的温暖な地方では、10〜12月の秋植えが適しています。


秋植えは、株が土壌によくなじみ、翌年の春の生育が早く始まります。


春植えは冬季に土壌が凍結するような寒冷地・積雪が多い地方に適しています。


ブルーベリーの根は寒さに弱く、−10℃くらいに低温になると枯死することがあります。


ブルーベリーの春植えは、3〜4月に植えつけましょう。


【用意するもの】


・鉢orコンテナ・・・苗の根鉢より一回り大きなもの

・鉢底ネット・・・鉢の底穴をふさぐネット

・培養土・・・赤玉土や腐葉土など数種がブレンドされた用土

・ピートモス・・・酸度無調整のもの。酸性に土を傾けるために使います

・鉢底石・・・鉢の底に敷く軽石。鉢の中の通気性をよくします

・バークチップ・・・土の表面を覆う素材。土の乾燥を防いでくれます

・肥料・・・有機肥料(油かすで作られた玉肥)or化成肥料(緩効性のもの 例:マグアンプKの大粒)


【鉢植え】


@バケツの中にピートモスと水を入れ、大きな塊がなくなるまで水を吸水させかき混ぜます。

その後、ピートモスと同量の培養土を入れ、混ぜます、これが基本用土になります。


A鉢の底には鉢底ネットを敷きます。

大きなコンテナで鉢底石を鉢の底が見えなくなる低度まで入れます。

鉢底石の代わりに大粒の赤玉土を用いてもOKです。


B基本用土を1/3程度入れ、元肥として肥料を適量施します。

肥料をよく混ぜてから、肥料に直接根が触れないように基本用土を被せます。


C苗をポットから外し、休眠期の苗なら根鉢を軽くほぐしながら土を落とします。

休眠期でない苗は根を崩さずに鉢に入れます。

苗の高さ、場所を調整しながら周りに基本用土を加えていきます。


D鉢の縁から2〜4cmほど下のラインまで土を入れたら軽く表面を平らに整え、バークチップを敷き詰めます。


E水をブルーベリーの株元に向けたっぷりと与えます。

その後、枝の先端や、株元から伸びてるひ弱なシュート(枝)を剪定し、整えておきます。


F植え付けは終わりです。

日当たりのよい場所で管理しましょう。

[スポンサードリンク]