健康と美容に良い果実

|ブルーベリーは系統と品種により収穫時期が異なります。一般的な収穫方法は手で摘み取る方法です。

ブルーベリーは恵みの果実

ブルーベリーの収穫


sponsored link

ブルーベリーの栽培で一番楽しいときが収穫だと思います。


6月に入り初夏が訪れると、ついに収穫がやってきます。


ブルーベリーは系統と品種により収穫時期が異なり、一般的にハイブッシュブルーベリーは6月〜8月上旬、ラビットアイブルーベリーは7月中旬〜9月中旬になります。


【果実の成熟】


完熟したブルーベリーは濃い藍色をしており、果実はやわらかく、糖度が増加して酸度は低下しています。


この果皮の濃い青色はアントシアニン色素の色で、ブルーベリーの完熟適期はアントシアニン色素の着色の程度から判断できます。


大きく風味に富んだおいしい果実は、アントシアニン色素が果皮全体を覆ってから4〜7日後に収穫したものです。


ブルーベリーは樹に実った状態で完熟する果実で、一斉に熟すことはありません。


収穫期間は、品種によって異なりますが、大体3〜4週間続きます。


【収穫方法と注意点】


ひとつひとつの果皮色を確認しながら、完熟した果実を手で収穫します。


果実は引きちぎったりせず、やさしくねじって摘み取ります。


・早採りはしない


ブルーベリーの果実は樹上で熟すので、早採りした果実は色が変化するだけで、風味が増し美味しくなることはありません。


果皮が赤みがかってる状態は、まだ未成熟です。


品種により異なりますが、アントシアニン色素が果皮全体を覆って色が濃い藍色になってから、4〜7日後の果実が最も美味しいとされています。


・果実が濡れているときは収穫しない


果実に雨水が付いてたりするとカビが発生しやすくなります。


朝露に濡れている状態で摘むこともよくありません。


必ず朝露が霧散してから摘み取ります。


・取り残しをしない


ブルーベリーが完熟期を過ぎ、過熟果になると病害虫の奇主となりやすいので、取り残しの無いようにしましょう。


また、病害や虫害にあった被害果や、実が割れた裂果、落下した果実なども除去します。

[スポンサードリンク]