健康と美容に良い果実

|保存食品として優れているジャムはブルーベリーの主要な加工食品です。ブルーベリージャムの作り方を紹介します。

ブルーベリーは恵みの果実

ブルーベリージャム


sponsored link

ブルーベリーの加工食品と言えば、まずはジャムです。


果実は、ペクチンを多く含み、酸味の強いものがジャムとして適しています。


ペクチン、酸、糖のバランスにより、絶妙な美味しいジャムが出来上がります。


ジャムとは保存のために加工された食品なので、糖分濃度を高くして微生物を繁殖させなくすることが肝要です。


健康のために糖分を減らすと、微生物が繁殖し、保存食品としての長所が消えてしまいます。


糖分を減らす場合は、減らす量は30%ぐらいまで留め、ジャムの消費を早くするように心がけましょう。


ブルーベリージャムの作り方】


・材料

ブルーベリー ・・・ 500g

砂糖 ・・・ 250g

(隠し味 ・・・ レモン汁少量)


ブルーベリーは冷凍保存ができるので、1回の収穫量が少ない場合は次回の収穫に合わせ、冷凍保存しましょう。


ブルーベリーを作る前に、瓶とふたの煮沸消毒をします。

90℃以上のお湯で10分間が目安です。

消毒後は清潔な布巾などで水をきります。


【手順】


@ブルーベリーをさっと水で洗います。

ヘタや葉は必ず取り除きますが、ブルーベリー自体は表面のほこりを取る程度にしてください。


Aブルーベリーを鍋に入れ、砂糖の半分を加え弱火にかけます。


B木ベラで静かに混ぜます。

湯気が出てきたら少しずつ火を強くしていきます。


C残りの砂糖を加え、焦がさないように、中火〜強火の間で煮詰めます。


Dアクを取りながら、好みの硬さになるまで煮詰めます。

目安としては20分です。


E火を止め、味見をして出来を確認します。

酸が足りないようであれば隠し味にレモン汁を加えても良いです。


F清潔な容器に入れ密封して保存します。

[スポンサードリンク]